ジェムソン ウイスキーファミリー

ジェムソン カスクメイツ

クラフトビール好きのためのウイスキー

ジェムソン カスクメイツとは?

「ジェムソン カスクメイツ」は、ジェムソン ミドルトン蒸留所があるアイルランドの都市コークで人気のマイクロブルワリー、Franciscan Well(フランシスカン・ウェル)との革新的なコラボレーションによって誕生したウイスキーです。ウイスキーの味わいの要となる熟成用の樽。このユニークなウイスキーは、「ジェムソン」ウイスキーの熟成に使用した樽で、「Franciscan Well」のアイリッシュスタウトを熟成させてバレルエイジドビールを造り、その樽を再び蒸留所に戻して「ジェムソン」ウイスキーのフィニッシュに使用。ビール熟成に使用した樽由来の新しい味わいを造り出しました。

スタウトビールの熟成に使用した樽でフィニッシュしたウイスキー 

ビール樽由来の新しい味わい

「ジェムソン カスクメイツ」は、「ジェムソン」特有の3回蒸留によるなめらかさはそのままに、スタウトビール熟成に使用した樽でフィニッシュすることで、カカオやコーヒー、バタースコッチ、微かなホップなどのフレーバーが加わった、リッチで複雑な味わいです。

香り

刈り取られたばかりの干し草のような香りが最初にたち、ライムゼスト、新鮮な果実の香り、青りんごや梨などが続きます。マイルドなポットスチル由来のスパイスが現れ、緑茶からヘーゼルナッツやミルクチョコレートへと深まっていき、それを微かなホップのフレーバー、トーストされたオークや大麦の香りが支えます。

味わい

ポットスチルウイスキーの特徴である甘みと、スタウト樽でのフィニッシュに由来する微かなホップとカカオの風味が重なり合う。さらにマジパンや焦がしたオーク樽のフレーバーが加わった複雑な味わい。

フィニッシュ

ミルクチョコレートやバタースコッチの甘味が感じられる長い余韻。

世界に広がり続ける「ジェムソン カスクメイツ」

クラフトビールドリンカーにもおすすめ

世界的なクラフトビールブームにも支えられ、2015年にアメリカやカナダなど9か国で先行発売されて以来、出荷量は発売開始2年目で7.5倍に。現在では50を超える国と地域で販売されています。ぜひ、ビールとウイスキー造りに欠かせない樽(カスク)を兼用するコラボレーション(メイツ – 仲間)が生んだ、「ジェムソン」の新しい味わいをお試しください。

#ジェムソン #アイリッシュウイスキー #カスクメイツ

ジェムソン カスクメイツの楽しみ方