「限定ボトルでは、地元にこだわりたい」。私たちはそう考えています。嬉しいことに2016年版ボトルでは、ダブリン在住のストリートアーティスト、ジェイムス・アーリーとコラボレーションできました。彼のデザインは、ダブリンの街にかかる橋にアイデアを得たもので、故郷であるダブリンやそれ以外の地におけるつながりを讃えています。私たちのウイスキー同様、ジェイムスは世界中でひっぱりだこ。けれど彼は、インスピレーションの源であるダブリンに必ず帰ってきます。鳥の帰巣本能を思わせる故郷へのこだわり、私たちにもよく分かります。

(こちらから、ジェイムス・アーリーが本年の限定ボトルを創り出すまでの過程について語るビデオをご覧いただけます)

ジェムソンが出来上がるまでの物語を一緒に紐解きませんか?

蒸留所でお待ちしております