"The production of Jameson is a complete team effort and could not be achieved without the input of the Family at Midleton."

「ジェムソンのミドルトン蒸留所には、天使の分け前の甘い香り以外にもう 1 つ、空気に漂っているものがあります」と言うケビン・オゴーマンの言葉は、ジェムソンのグレーンからグラスまでの工程に一貫して流れるチームスピリットを指しています。

マスター オブ マチュレーションであるケビンの仕事は「皆が 1 つの方向を向いている」状態でないと遂行できません。カスクの調達、熟成工程の円滑な進行、熟成中のウイスキーの管理の裏には、多くの人間の懸命な努力があるのです。ケビンは、熱心に働くチームが見せる献身ぶりに尊敬の念を抱いています。「蒸留所の門をくぐったとたんに、品質に対する皆の熱意と活力、献身ぶりを感じることができるのです」

ミドルトンのクーパーである同僚、ゲル・バックリーと同様、ケビンの仕事にも、ジェムソンを熟成させる木樽に対する深い理解が必要です。150年にわたるカスクの道のりに思いを馳せるあたりに、彼がこの工程にロマンを感じていることがうかがえます。スペイン北部のガリシアの森林から、バラージャの製材所、ヘレスの製樽工場を経て、ミドルトン蒸留所の門をくぐる「その年で最も特別な日」を迎えるまでの旅です。この日は、ゲルやケビンのような職人たちが、まるでクリスマスのごとく楽しみにする日なのです。

ケビンは、ブランドアンバサダーとして国際舞台でジェムソンの代弁者を務めており、最近シカゴ・ウイスキー・フェスティバルを訪れた際の、ファンと出会いを嬉しそうに語ってくれました。「ホテルに着いた私たちは、バーでジェムソンを飲むことにしました。待っていると、次のお客さんからも「ジェムソンのロックを」というオーダーが入ったのです。3,000マイル離れた海外から来て、目の前で最初に注文されたのがジェムソンだなんて、信じられませんでした!」 普段のケビンは、そのように名前が出たくらいで心を揺さぶられるような人物ではありませんが、ウイスキーづくりの技術とその産物である名高いウイスキーに関わる自らの立場を、とても誇りに思っているのです。

ケビン・オゴーマンの動画

ジェムソンのマスター オブ マチュレーションであるケビンの仕事には、ジェムソンを熟成させる木樽に関する深い理解が必要です。150年にわたるカスクの道のりに思いを馳せるあたりに、彼がこの工程にロマンを感じていることがうかがえます。スペイン北部のガリシアの森林から、バラージャの製材所、ヘレスの製樽工場を経て、ミドルトン蒸留所の門をくぐる「その年で最も特別な日」を迎えるまでの旅です。この日は、ゲルやケビンのような職人たちが、まるでクリスマスのごとく楽しみにする日なのです。


ジェムソンが出来上がるまでの物語を一緒に紐解きませんか?

蒸留所でお待ちしております