ジェムソン蒸留物語

ジェムソン蒸留物語

ジェムソン蒸留物語

1780年に、ジョン・ジェムソンが確立したアイリッシュウイスキーの製造方法は、現在に至るまで誇りを持って受け継がれています。

言うまでもなく、2世紀以上にわたって人々に愛され続けてきたブレンデッドアイリッシュウイスキーを語るには、相当な時間が必要です。 でも心配しないで。200年以上の勇気と技術、味わいへのこだわりを、簡単な説明にまとめました。ジェムソンの特徴的ななめらかさの秘密 – 当社の製造工程とそれに携わる職人たちをご紹介します。
 
Sine Metu(シネ・メトゥ)

ジェムソン一族の家訓、Sine Metu(シネ・メトゥ)

創業以来ずっとこの家訓(シネ・メトゥ:恐れ知らずの意)を守ってきたおかげで、2度の世界大戦、アイルランド内戦、そしてアメリカの禁酒法時代にも、ウイスキーを造り続けることができました。それにとどまらず、新たな可能性、新たな人材、新たなウイスキーの製造方法を見つけることができたのも、この家訓のおかげです。ジェムソンの家訓は私たちにとって大きな意味を持つものであり、すべてのボトルの前面にプライドを込めて表示されています。この家訓を忘れないためには、ラベルにするのが一番簡単です。
ジェムソンの家訓は私たちにとって大きな意味を持つものなので、すべてのボトルの前面にプライドをもって表示しています。この家訓を忘れないようにするには、ラベルにするのが一番簡単です。
ジェムソンの製造工程

地元産の原料

ジェムソン アイリッシュウイスキーは、発芽した大麦麦芽と未発芽の大麦の両方を使った風味豊かなポットスチルウイスキーを、上質なグレーンウイスキーとブレンドして製造しています。ポットスチルウイスキーもグレーンウイスキーも、なめらかさを出すために3回蒸留します。
当社では、大麦はすべて、ミドルトンから100マイル以内で育ったものを使用しています。水は蒸留所の敷地を流れるダンガーニー川が供給源ですが、まさに当社のウイスキーにふさわしい水です。ウイスキーという言葉は、「命の水」を意味するアイルランド語「ウシュク・ベーハー」に由来するからです。通りの先に生えている地元産の大麦と、窓から見える川の水を使っていますが、トウモロコシは太陽を好む穀物で、熱帯とは程遠いアイルランドでは育ちません。そこで当社では、遺伝子組み換えではないトウモロコシを供給してくれるフランス南部の農家を使っています。
成分について

良いことは三度ある

ラッキーセブンにこだわらないでください。ジェムソン特有のなめらかさは、特徴的な3回蒸留工程から生まれるのです。これこそ創業者ジョン・ジェムソンが名声を得た製法であり、当社のマスターディスティラー、ブライアン・ネイションが今日に至るまで先代から引き継いでいる製法です。
好奇心旺盛な人はこれを読んで、4回蒸留にすればさらに良くなるのではとお考えかもしれません。しかし、当社で創業当初に試行錯誤した結果、そうではないことが分かっています。私たちは特別な数字である「3」を守っていくつもりです。
当社のクーパー

オーク熟成

ジェムソンは徹頭徹尾、アイリッシュですが、当社のマスタークーパー、ジェア・バックリーは私たちの良き友人であるアメリカとスペインから樽を入手しています。
熟成されたバーボンやフォーティファイドワインに使われたカスクには、その香りが移っており、焦がした木やバニラ、シェリーの甘い香りを私たちのウイスキーに授けてくれるのです。
熟成

アイリッシュウイスキーは何をもってそう呼ばれるのだろうか?

「アイリッシュ」ウイスキーと呼ばれる幸運にあずかるためには、蒸留されたスピリッツを3年以上、アイルランド島内で熟成させなければならないという、厳格な法律が定められています。
当社のマスターオブマチュレーション、ケビン・オゴーマンが定める熟成期間はカスクによってさまざまであり、当社の場合、毎年、ウイスキーの2%が蒸発によって失われます。これは「天使の分け前」と呼ばれ、私たちは230年以上経った今も、天使たちが飲みに来ているのだと考えています。
製造過程

グレーンからグラスまで

ジェムソンが運営する蒸留所は1カ所だけ。グレーンからグラスまで、すべての製造工程を完全にコントロールしています。
ブレンドについて言えば、当社のマスターブレンダー、ビリー・レイトンは、当社の蒸留所で生まれたウイスキーのみを使用しています。その結果、当社はよその蒸留所のドアを叩くことなく、多様なウイスキーを製造することができるようになりました。有名ブランドも、その多くが複数の蒸留所のウイスキーをブレンドしていますから、当社のやり方のほうが優れていると言うつもりはありません。私たちはただ、このやり方が好きなのです。
見学&ツアー

ジェムソンについてもっとお見せします。

皆さんがウイスキーを飲みたくなったところで、ジェムソン ボウ・ストリート蒸留所ジェムソン ミドルトン蒸留所で皆さんをお迎えして、もっと詳しくご案内したいと思います。チケット、詳細情報、蒸留所を訪れるために必要なあらゆる情報は、以下のリンクからご覧いただけます。
ourstory_visitus_moretext