ジェムソンの歴史

ジェムソンの歴史をご覧ください。

ジェムソンの物語は非常に長く、語るのに時間がかかります。ジェムソンを片手に、ゆっくりと学んでいきましょう。まずは始まりから

1780~1804
ヘルムにて
1780
最初のジョン・ジェムソン

その昔、ジョン・ジェムソンという1人の人物によりジェムソンの歴史は始まりました。1740年にスコットランドのアロアで生まれた彼は、1770年代後半にダブリンに移住します。4人の息子が彼に続いてアイルランドで蒸溜業を始め、何世代にもわたって続く一族の家業を築き上げました。1823年12月3日、彼は83歳でこの世を去りました。

1780
ジェムソン ボウ・ストリートの蒸留所が操業開始。町の景気に火をつける

1780年、ダブリンはイギリスとアイルランドにおいて、ロンドンに次いで2番目に大きな都市であり、大きな可能性を秘めていました。この時代、ダブリンには100を超える醸造所と蒸留所がありました。

競争は激しかったものの、ジョン・ジェムソンは名声を確立し、彼の造るウイスキーは「恐れずに進もう!」という精神を体現して、他を圧倒する存在になりました。1880年代には、ボウ・ストリートの醸造所はダブリン市街にほぼ6エーカー (7,300坪) にまで広がっていました。

1785
麦芽税

1785年から1825年までの間、スピリッツだけでなく原料である大麦麦芽にも税金が課されていたため、当然、大麦麦芽の使用量を減らすことが検討されるようになります。ジョンは、大麦麦芽と未発芽麦芽の両方を使用して実験を開始しました。やがてこのタイプのウイスキーは非常に人気を得て、輸入モルトスコッチウイスキーがダブリンで売れなくなったほどで、モルトウイスキーを製造するダブリンの蒸溜所も販売に苦労するほどでした。

1804~1851
次なる重要人物は
1804
ジョン・ジェムソン2世

2代目の「ジョン」です。彼は1804年に父親からボウ・ストリートの手綱を引き継ぎ、19世紀にジェムソンブランドを大きく成長させました。彼はジェムソン独自のレシピを確立しました。それが今に繋がっています。

1851~1875
次なる重要人物は
1851
ジョン・ジェムソン3世

ボウ・ストリートを経営する3代目の「ジョン・ジェムソン」です。ジェムソンを語るのに欠かせない、伝説の人物です。ジョンは治安判事、高等保安官であり、ダブリンでは著名な人物でした。彼はトリニティ・カレッジで学び、妻のアンと一緒にダブリン州セント・マーノックのポートマーノックに住んでいました。

1870
街の中心

1870年までに、ボウ・ストリート蒸留所は街の中心となり、樽職人、大工、鍛冶屋、塗装、石工、そして何匹かの猫を含む何百人もの労働者を雇用していました。周辺のスミスフィールド エリアは、今日でも技能職人が多くいるエリアです。

1875~1905
次なる重要人物は
1875
ジョン・ジェムソン4世

「ジャック」というニックネームで知られる彼は、さまざまな方法で父親の足跡をたどりました。父と同様、治安判事でダブリンの高等保安官でもあった彼は、アイルランド沿岸の灯台の管理を担当する組織であるアイリッシュ ライトの委員の1人でもありました。彼はエリザベス・バンフィールドと結婚し、その後メアリー・ヘイグと再婚しましたが、子供はいませんでした。

1891
ラベルの表示

John Jameson & Sonは1891年に有限会社(Limited company)として法人化され、以来、「Limited」という言葉がラベルに使用されるようになりました。ネックラベルは1891年に修正され、有限会社としての会社の地位を反映していました。

1900
温かい壁

蒸留所の外壁は蒸留プロセスから出る熱により温かく、地元の人々がやってきて、温まっている姿が見られました。

1904
エドワード7世の国王の紋章

エドワード7世は、1901年にイングランドの王位に就き、その短い治世の途中で、John Jameson & Sonは王室御用達許可証を与えました。

1905~1941
実権を握る
1905
アンドリュー・ジェムソン

世界のウイスキー事業の大物の1人であったアンドリュー・ジェムソンは、地方自治体で多くの役職を歴任し、芸術のパトロンとしても有名でした。国際的に著名な実業家であり、米国大統領テディ・ルーズベルトとも親交がありました。高い評価を受けていたアンドリュー・ジェムソンは、共和国が宣言された後、最初のアイルランド上院で上院議員になりました。そこでは彼は、古くからの友人であった詩人、W.B.イェイツと共に職務に当たりました。

1916
屋根の上の狙撃兵

1916年、イースター蜂起がダブリンで発生し、戦闘地域の1つに位置したボウ・ストリート蒸留所は、ノースキング・ストリートでの激しい武力衝突の際、狙撃兵にとって理想的な見張り場所となりました。(蒸留所は、数日間籠城するのには意外と良い場所だったのです。)蒸留所とその従業員は戦闘による影響をほとんど受けませんでした。

1918
石炭不足

第一次世界大戦による石炭不足により、80万人以上が影響を受けました。同時に、インフルエンザウイルスの発生により、蒸留所の生産と配送が大きな影響を受けました。
蒸留所は、戦争によるトウモロコシ不足のため、1917年から1918年まで閉鎖されました。

1919
生産の再開

1919年に戦争による酒造制限が解除され、蒸留所は再び生産を許可されました。その年には、それまでで最大量のウイスキーの生産がおこなわれました。ウイスキー市場に活気が戻ってきました。

1920
アメリカの禁酒法

1920年から1933年にかけて禁酒法が全米で施行され、最も有望な市場の1つがほぼ一晩で閉ざされました。禁酒法の解除から6年後には第二次世界大戦が勃発し、大西洋を横断する輸送が禁止され、流通が著しく妨げられました。

1927
樽職人

ボトルをよく見ると、グラスにエンボス加工された樽を運ぶ人(バレルマン)のアイコンがあります。バレルマンは、ジェムソンを造り上げた過去と現在の勤勉な労働者を表しています。バレルマンは、20世紀初頭のロンドンの広告代理店W. S.クロフォードが生み出しました。著名なグラフィックデザイナー兼アーティストだったエドワード・マックナイト・カウファーは、1920年代後半にクロフォードで働いており、ジェムソンの新しいキャンペーンのデザインを担当しました。

1928
バレルマン

バレルマンは、1927 年にイギリスで初めて広告キャンペーンに登場しました。1930年から、バレルマンはすべてのボトルに使われています。

1930
海賊版ウイスキー

ジェムソンを水で割って販売する海賊版業者や密造による損害は、アイリッシュウイスキーカテゴリーとその高品質の評価に対し、長期にわたり悪影響を与えました。

1941~1961
成長をけん引
1941
ジョージ・ライオネル・ジェムソン

偉大な創設者のひ孫であり、蒸留技師でもあった彼は、王立工兵隊の船長を務め、ボーア戦争中に南アフリカでの戦闘を経験しました。アン・ダンと結婚し、ダブリン州マラハイドに住んでいました。

1960
ファミリービジネス

ボウ・ストリートの蒸留所では、何世代にもわたって家族が働いていました。大工、鍛冶屋、水車大工、塗装など、さまざまな仕事が父から息子へと受け継がれ、一度雇われると、従業員は一般的に終身雇用されました。

1961~1966
計画的な人物
1961
アレクサンダー・C・クライトン

ボウ・ストリートの創設者の最後の直系の子孫で、会社を率いたアレック・クライトンは、敷地内の宿泊施設を夜勤の蒸留技師のために利用した最後の人物でもあったと言われています。John Jameson & Sonの会長兼社長であった彼は、1966年に同社と他の2つの蒸留所との合併、およびIrish Distillers Limitedの設立を行いました。

1963
ボウ・ストリートでのボトリング

信じられないかもしれませんが、ジェムソンは1963年までウイスキーを自分たちでボトリングしていませんでした。ボウ・ストリートでボトリングされた最初のジェムソン商品は、「クレステッド テン」として発売されました。当時、ジェムソンは世界中の68の市場で販売されており、年間15,000ケースを米国に輸出していました。事業の拡大に伴い、原料からボトリングまでの工程を全てコントロールする必要が出てきたのです。

1964
クレステッド テン

長年の間、ジェムソンは輸出市場向けにロンドンでボトリング作業を行っていましたが、アイルランドでの取引は常に樽単位で行われていました。ジェムソン テンは、ボウ・ストリートの蒸溜所で初めてボトリングされたウイスキーです。ジェムソン テンの導入から1年後、名前が「クレステッド テン」に変更され、2016年まで販売が続きました。「ジェムソン クレステッド」はクレステッド テンへのオマージュとして生み出されました。現在はすべてのボトルのボトリングをアイルランドの蒸溜所で行っています。

1970~2018
最後の一滴
1970
最後の一滴

1970年6月5日、ボウ・ストリートの蒸溜所で最後の一滴が蒸溜され、ダブリン7区における200年近いウイスキー生産に終止符が打たれました。その後、ボウ・ストリート蒸溜所は観光施設として使用されています。

1972
蒸溜所の閉鎖

アイリッシュウイスキーのカテゴリ成長に伴い、より大きな施設が必要となりました。1975年、蒸溜所はボウ・ストリートからコーク州ミドルトンに移転しました。現在、世界中で愛飲されているジェムソンの一滴一滴は、この地で生まれています。

1990
廃墟と火災

旧蒸留所は閉鎖された後荒廃し、その後火災に見舞われました。今でもそのことを思い出すのはつらいことです。

1997
栄光への回帰

旧ジェムソン蒸留所は1997年に観光施設として再オープンし、2007年の大改修を経てさらにグレードアップしました。

2018
世界屈指の蒸留所ツアー賞を受賞

2018年にジェムソンにとって大変誇らしいことがありました。何と、ジェムソン旧蒸溜所ボウ・ストリートが、第25回ワールドトラベルアワードで「ワールド・リーディング・ディスティラリー・ツアー賞」を受賞したのです。ジェムソンに従事する者たちにとって、大変嬉しいニュースでした。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました!ジェムソンのグラスを手に取ってください。アイルランド語で乾杯しましょう。
Sláinte! (スロンチャ!)

今日
生ける資産
今日
生ける資産

直近の改装では、ジョン・ジェムソンの功績や、バレルマンたちの物語に重点を置いています。当然ながら、ミドルトンで世界最高級のアイリッシュウイスキーの製造を担う人々にも敬意を表しています。