ジェムソン ウイスキーファミリー

ジェムソン ボウ・ストリート 18年

ジェムソン誕生の地 ”ボウ・ストリート”へオマージュを捧げる

ジェムソン ボウ・ストリート 18年とは?

1780年、ジョン・ジェムソンがダブリンの中心地にジェムソン ボウ・ストリート蒸留所を設立。その後、1970年代に生産拠点をアイルランド南部にあるミドルトン蒸留所に移してからも、ジェムソンはそれまでに培われた経験やノウハウをもとに現在に至るまで約240年間生産され続け、世界中の人々に愛されています。その誕生の地へのオマージュとして、特別にボウ・ストリート旧蒸留所でフィニッシュされた『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』を作り上げました。

希少なプレミアム アイリッシュウイスキー 

ダブリンで熟成されているただ一つのウイスキー

コークのミドルトン蒸留所で3回蒸留、厳選したヨーロピアンオーク樽とアメリカンオーク樽で18年以上熟成された3種類の希少なウイスキーをブレンド。それをジェムソンの故郷ダブリンのボウ・ストリート旧蒸留所で、ファーストフィルのバーボン樽72樽に移し替えて更に熟成し、フィニッシュさせました。ジェムソンの特徴であるスムースさと絶妙なバランスはそのままに、「ジェムソン ボウ・ストリート 18年」の品質と個性は比類なきものに仕上がり、さらにジェムソンの定番商品としては初めての、加水によるアルコール度数の調節をせず熟成した樽から直接瓶詰めを行う、カスクストレングスでリリース。

※カスクストレングスにつきアルコール度数はバッチナンバーにより異なります。

※カスクストレングスにつきアルコール度数はバッチナンバーにより異なります。

香り

樽を感じさせる豊かな香りに、深みのあるトフィーとスパイスの香りが重なる。

味わい

香りに続くトフィーとオークの味わいと共に、レザーとバニラがほのかに漂い、さらにシェリー由来のわずかなナッティさが芳醇さと複雑さを醸し出す。

フィニッシュ

甘いトフィーに始まり、徐々に現れるトーステッドオーク由来の味わいとスパイシーさが、最後まで余韻として長く続く。

ユニークなデザイン

ボトルは18面にカットされた多面体のデザインで、上質なオーク樽で熟成された18年の年数を表している。蒸留に使用された銅製のポットスチルをイメージした銅板の蓋を用いた木箱には、ジェムソン ボウ・ストリート旧蒸留所の地図が刻まれ、底には購入者限定のオンライン体験への招待状となる銅メダルがはめ込まれています。

ジェムソン誕生の地へオマージュを捧げるプレミアムな逸品『ジェムソン ボウ・ストリート 18年」をぜひお楽しみください。

#ジェムソン #アイリッシュウイスキー #ボウストリート18年